誰も自分に代わって

誰も自分に代わって
自分の人生を生きてはくれない。

誰も自分に代わって
自分の死を死んではくれないのだ。

そして、誰も自分に変わって
青春の戸を開けてくれる人はいない。
(社会学者 加藤諦三)

この記事へのコメント