「よろこび」と「かなしみ」

人は肯定においてよろこびを感じ、
否定においてかなしみを感ずる。
しかし真実のよろこびというものは、
深いかなしみの経験のないものには
味わうことはできない。
(哲学者 柳田謙十郎)

この記事へのコメント