心の底

のんきと見える人々も、
心の底をたたいてみると、
どこか悲しい音がする。
(作家 夏目漱石「吾輩は猫である」)

この記事へのコメント