自らがほんとうに社会を生きる

他人の生きた経験を
そのまま拠り所と
するわけにはいかぬ、
先ず自分自らがほんとうに
社会を生きて見なければならぬ。
(作家 島木健作)

この記事へのコメント