理のある側

争いをしているときは、理のある側が、
まずさきに若干譲歩すべきである。
理のない相手は、全然許すことの
できないのが通常である。
(スイスの法学者 ヒルティ)

この記事へのコメント