純粋なよろこび

この世のもっとも純粋なよろこびは、
他人のよろこびを見ることだ。
(作家 三島由紀夫)

この記事へのコメント