五十歳になってから

今ふりかえってみると、
まずしいながら私だけの作風を
やっとつかむことができたのは
五十歳になってからである。
(作家 遠藤周作)

この記事へのコメント