一鍬ずつの功

百万石の米といえども
粒の大なるにあらず。
万町の田を耕すも、
そのわざは一鍬ずつの功による。
(江戸時代の農政家 二宮尊徳)

この記事へのコメント