手綱

手綱をゆるめてゆうゆう乗っていると、
馬は狭く暗いあぜ道を平気で歩いていく。
乗り手が動揺して手綱を引くと、
人馬もろともころげ落ちる。
(佐橋滋)

"手綱"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: